外壁塗装に掛かる費用

外壁塗装の価格と相場

外壁塗装の費用は、一般的な戸建て住宅であれば多くの場合、100万円以内であることが殆どです。 内訳としては足場や人件費などの諸経費に、塗装に用いる塗料の代金を足したものです。 外壁塗装は塗装する際に安全な作業をするために、足場は必要です。さらに下地がしっかりとしていないと、塗装はできないため、こうした処理にも費用がかかります。 全体の塗装費用として大きく関わる部分として、塗料の違いという部分もあります。塗料は耐久性が費用に関わります。 耐久性が高い塗料ほど費用がかかります。一般的に用いられる塗料としてシリコン塗料や、アクリル塗料にフッ素樹脂塗料があります。 コストが安いのに越したことは無いですが、しかし安い塗料は耐久性が低く炒めに塗り替えのコストは増えるため、結果的には耐久性の優れた高価な塗料がお得だったりします。

塗装の歴史に関する事

現在モルタルやサイディングが多く用いられていることによって、外壁塗装は一般的に行われています。しかし日本に限って言えば住宅の外壁塗装を一般的に行うようになってからは、まだそう日は経っていません。 そもそも日本では外壁塗装を行う建築物と言えば、寺社や城郭建築など重要な施設だけで見られるものでした。 理由としては塗装に用いる塗料が高価であった、ということもあります。しかし日本の建築においては古くから耐久性を高める事より、新しく建てなおす事や補修をする事を重視していました。 寺社における外壁塗装は、耐久性を高める目的よりも魔よけを基本としています。寺社でよく見かける赤色は、世界的にも魔よけとして一般的に用いられている色です。